聖順会 ジュノ・ヴェスタクリニック八田

院長 八田 真理子 先生

昭和50年開業の地域に根差した産婦人科クリニックです。現在は、2代目の女性産婦人科医の院長が診療を担当しております。思春期から老年期まで「女性の一生に寄り添えるパートナードクター」として、親子3代で通われている患者さんもいます。「辛くなったからかかる」のではなく、不安なことや心配なことがあれば、何でも相談してください。すべての女性が「元気で美しく幸せに」なれるよう、きめ細やかで丁寧な診療を心がけております。

clinic info

住 所

千葉県松戸市牧の原2-92

TEL

047-385-3281

HP

http://juno-vesta-clinic-hatta.net

モナリザタッチを導入されたきっかけは?

女性特有の不快症状である、腟・外陰部の「かゆみや乾燥」「性交痛」「頻尿や尿漏れ」は多くの女性が経験しているにもかかわらず、恥ずかしさから我慢し放置したり、産婦人科外来でも口にできない患者さんと出逢ってきました。女性ホルモンの低下により起こる「腟・外陰・尿路の不快症状」に対し、薬を使わない新しい治療法が「モナリザタッチ」です。ホルモン剤に抵抗感を持たれる方や、症状があってもホルモン治療が受けられなかった乳がんや血栓症の既往のある方にも可能な治療法です。お産や婦人科疾患を診てきた産婦人科医が行うので、安心して治療が受けられたと、多くの患者さんからご満足いただいております。

施術を受けられた患者様のお声(評価、満足度など)をお聞かせください。また印象に残っているトピックスなどがあればご紹介ください。

「治療後は何となく自信ができ、人生を楽しもうと前向きな気持ちになれた。10年ぶりに♥!夫も喜んでます(66歳)」「7日目頃から歩くのが楽になり、歩幅が広くなった気がします。トイレの回数も減りました(69歳)」「陰部が明部になった感じ(53歳)」「即効性が素晴らしい!(52歳)」「かかりつけの婦人科で受けられたのは幸運でした(51歳)」等々、多くの患者さんが効果を実感し、喜びの感想をいただいております。モナリザタッチをきっかけに、女性としての自信と誇りを取り戻し、若々しく輝いていく患者さんを診ることがいまの私の楽しみです。

-->
TOP